2017年02月02日

堤 智道さんからの回答♪

6人目、堤 智道さん(日本維新の会)からの回答です。

無編集で、質問文と共に活字に起こしました。


☆★☆★☆★☆★

アンケートのお願い
   堤 智通  様 (6)                
市会議員は、市民に最も近い政治家だから、自分の思いを代弁してくれる人を選びたい。
でも 各立候補者がどんな政策を持っているのか、一般市民は案外知りません。
知らないから、誰に投票したら良いか分からない。分からないから投票にも行かない……。
これでは大切な選挙権がもったいない!
そこで 全ての立候補予定者に、同じアンケートをお送りしてお答えいただき、政策を見比べて投票しようというプロジェクトが発足しました。
いただいた回答は、編集せずにネット上で公開させていただくことを予めご了承ください。
※特定の政党や候補者への支持を呼びかけることはありません。あくまでも政策を知るのが目的です。

T 市政全体についての基本姿勢をうかがいます。
あなたはA・Bのどちらの考えに近いですか?その理由も書いてください。
@ A 現場の声を吸い上げるボトムアップ型。
  B 能率とスピードを重視するトップダウン型
回答:B
現状の予算作成を見ても基本的にはトップダウン型となっている。しかし、パブコメを実施したり、説明会を開く等、市民の意見をできるだけ反映するようにすべきである。

A 地域経済振興策について
  A 大企業誘致や大型公共事業に投資して経済を牽引する。
  B 福祉や教育への投資により経済の下支えをする。
回答:A
デフレ経済においては、財政出動等によって経済を活性化させるべきと考える。

II 福祉と教育についてうかがいます。
あなたはA・Bどちらの考えに近いですか?その理由も書いてください。
@A 高齢者や障がい者が安心して長期に入院できる大規模な病院・施設を整備する。
 B 高齢者や障がい者が地域で暮らせるサービスを整備する。
回答:A
Bは地域包括ケアの考え方に近い訳であるが、現実問題としては多床室の特養を整備するなどのコストのかからない安心を住民に提供すべきと考える。

AA 子どもの考える力、自主性を伸ばす学校づくり。
 B 子どもの知識、規律を重視する学校づくり。
回答:A
教育とは本来子供の個性や考える力を伸ばすべきである。

B家庭環境に問題のある子どもに対し、
 A 学校での生徒指導と親教育
 B 親への支援と子どもの居場所づくり
回答:B
親の孤立感を深めないように、地域や行政が支援してゆく必要があると思う。

III 市民の注目している、豊予海峡ルートと新幹線誘致についてのあなたの考えとその理由をお答えください。
豊予海峡ルートはばく大な金のかかる事業であるが、政治家は夢を語ることも大切である。新幹線については大分県の活性化のためにも賛成である。

IV 以下の国政の課題についてのあなたの考えとその理由をお答えください。
@安全保障関連法(存続すべきである・廃止すべきである)
回答: 存続すべきである
国民の生命、財産を守るために必要であると思うが、もっと議論をつくすべきだったと思う。

A原発再稼働(賛成・反対)
回答: 賛成
原発はアンコントローラブルであることが福島原発事故で証明された。しかしながら、現在国内には原爆6000発分のプルトニウムがある。これらはMOX燃料としてプルサーマル発電で燃やすしかないので当面は稼働せざるを得ない。将来的には廃すべき。

V 当選したら取り組みたい事項を3つ、出来るだけ具体的に書いて下さい。
・地域支援事業の充実(4月からの)
・待機児童問題(得に育休明け児童の保育問題)
・民生委員、児童委員へのサポート体制作り

VI 現職の方は、これまでに取り組んできた主な事項を3つ、出来るだけ具体的に書いて下さい。
・地域ケア会議の強化について
・地方公務員の政治活動について(規律を持つべき)
・公務員給与の適正化について(高いのではないか)

証拠写真↓
https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/16425819_389385684757516_2601642048044891670_n.jpg?oh=92d270d00524362c114ebdf31e88f11d&oe=590DBE16
https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/16387036_389385694757515_5357005839003170793_n.jpg?oh=55a69d851ec1255f6ab250f0dcab62a0&oe=5916157A












posted by 選挙deおおいた at 09:31| Comment(0) | 立候補予定者からの回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: