2017年02月02日

松本みちひろさんからの回答

4人目、松本みちひろさん(民進党公認)からの回答です。

無編集で、質問文と共に掲載します。


☆★☆★☆★☆★


アンケートのお願い
   松本みちひろ   様 (4)
市会議員は、市民に最も近い政治家だから、自分の思いを代弁してくれる人を選びたい。
でも 各立候補者がどんな政策を持っているのか、一般市民は案外知りません。
知らないから、誰に投票したら良いか分からない。分からないから投票にも行かない……。
これでは大切な選挙権がもったいない!
そこで 全ての立候補予定者に、同じアンケートをお送りしてお答えいただき、政策を見比べて投票しようというプロジェクトが発足しました。
いただいた回答は、編集せずにネット上で公開させていただくことを予めご了承ください。
※特定の政党や候補者への支持を呼びかけることはありません。あくまでも政策を知るのが目的です。

Ⅰ 市政全体についての基本姿勢をうかがいます。
あなたはA・Bのどちらの考えに近いですか?その理由も書いてください。
① A 現場の声を吸い上げるボトムアップ型。
  B 能率とスピードを重視するトップダウン型
回答:A
上からの押し付けでは、組織の活性化は見込めない。提案型で「現場力」を高めることが大切。

② 地域経済振興策について
  A 大企業誘致や大型公共事業に投資して経済を牽引する。
  B福祉や教育への投資により経済の下支えをする。
回答:B
今後は「モノ」への投資から「人」への投資が絶対に必要。

II 福祉と教育についてうかがいます。
あなたはA・Bどちらの考えに近いですか?その理由も書いてください。
①A 高齢者や障がい者が安心して長期に入院できる大規模な病院・施設を整備する。
 B 高齢者や障がい者が地域で暮らせるサービスを整備する。
回答:B
可能な限り、お年寄りは住み慣れた地域で生活することが一番である。

②A 子どもの考える力、自主性を伸ばす学校づくり。
 B 子どもの知識、規律を重視する学校づくり。
回答:A
子どもたちの「個性」を伸ばすことこそが重要である。

③家庭環境に問題のある子どもに対し、
 A 学校での生徒指導と親教育
 B 親への支援と子どもの居場所づくり
回答:B
核家族化が著しく進む中、親の悩みも多様化している。子育ての大前提として親に寄り添う姿勢が重要と考える。

III 市民の注目している、豊予海峡ルートと新幹線誘致についてのあなたの考えとその理由をお答えください。
 豊予海峡ルートについて
市長が100年後の夢を語る話しとしては別にどうでも良いが、莫大な費用の面からも、現実性は薄いと考える。将来の世代へ借金を残すべきではない。
東九州新幹線誘致について
課題は多いが、「大分も・・・」と今のうちに手を挙げておかないと可能性が「0(ゼロ)」になってしまう。現時点での立候補はOKだと思う。

VI 以下の国政の課題についてのあなたの考えとその理由をお答えください。
①安全保障関連法(存続すべきである・廃止すべきである)
回答:廃止すべきである
「人殺し」が可能となるような法案には、何が何でも反対である。

②原発再稼働(賛成・反対)
回答:「2030年代に原発0を目指す」事が基本。廃炉の技術をきちんと確立するためにも、技術を次世代に伝え残すためにも、廃炉費用の捻出のためにも、安全性が確認された原発については再稼働させるべきであると考える。

V 当選したら取り組みたい事項を3つ、出来るだけ具体的に書いて下さい。
①給付型奨学金制度の新設・拡充と基金の設立。
②サービス残業の撲滅と働き方改革の実現。
③大分駅横に「大分市アリーナ」の建設。

VI 現職の方は、これまでに取り組んできた主な事項を3つ、出来るだけ具体的に書いて下さい。
①住居表示の進展。
②地域防災活動の活性化。
③不法投棄通報システムの確立。


証拠写真↓
https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/16265711_388219774874107_266422502403473156_n.jpg?oh=0a56298a3865508f749606f32b8b2c73&oe=594715F4
https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/16387037_388219591540792_4816752498705360674_n.jpg?oh=bc61d2bc16dc44b002b29e1c41d2a151&oe=5900768C

















posted by 選挙deおおいた at 09:18| Comment(0) | 立候補予定者からの回答 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください